公開講座開催

公開講座で薬物動態の話
 先日10月4日に、薬学部恒例の公開講座が開講されました。今回は薬の体の中での動きに注目して、本学教員と、外部から招いた講師のお二人から講演をいただきました。薬が効きやすい人や効きにくい人などの話題から、抗菌薬の話まで一般の方には少し深い内容にもわたっていたのですが、とてもわかりやすい説明をしていただき、聞き入る姿が多くみられました。
この公開講座は、薬剤師の研修にも役立っており、卒後教育の一つにもなっています。在学生の姿は非常に少なかったのですが、入学したら年2回の土曜日を使って聴講してくださいね。(den)

投稿日:2014年10月10日| 投稿者: 事務局| カテゴリ: 大学の近況


前の記事次の記事

PageTopへ