オープンキャンパス開催しました

 習志野キャンパスのオープンキャンパスが開催されました。とても暑い日でしたが、楽しい一日となりました。言葉より写真でご紹介します。(den)
まずは受付でお出迎え。
習志野キャンパスの中央通路では、木陰のしたを理学部V号館と薬学部C館へ向かいます。
薬学部の全体説明では500人入る大教室も満杯で、別教室にも入っていただくほどの大盛況でした。
理学部の個別相談会場では、開場すぐから相談者があり、お待ちいただくこともありました。
体験授業はゆったりスペースでじっくりと聞くことができました。しかも高校生向けに分かりやすくした授業とあって、同伴のご父母の皆さんも聞き入っていました。
薬学部の個別相談も全体の説明が終わり次第、多くの方にならんでいただきましたが、一人一人丁寧にお答えさせていただきました。
薬剤師体験コーナーでは、軟膏を調整するコース、分包機を利用するコースなど、様々な体験で、楽しんでいただきました。注射剤コースも例年通り大人気コースでした。
薬学部内見学ツアーも少人数でまわります。学生の生の声を聴きながら進むツアーでは、学ぶ醍醐味に触れられます。
理学部の個別相談コーナーでは、部屋の前でもちょっとした実験を行っていました。手元に見えるのは(見えないくらい小さいですが)超伝導。
キャンパスツアー中に立ち寄った体育館では、チアリーディング「VAMOS」の公開練習風景が見られました。こんな迫力シーンも・・・。
うだるような暑さでしたが、建物の外を歩いていくこともあります。緑の多さも東邦大学の魅力の一部ですね。
薬学部・理学部ともその魅力の一つは研究です。研究発表の一部も紹介して、未来像を描いてもらいました。
薬学部では植物療法も重要とあって、シソジュースや健康茶なども紹介していました。
暑い中もめげずに、本当によくがんばってくれた学生さんたち。東邦大学の一番の宝物は、学生さんたちです。
自然とは何だろう。生命(いのち)とな何だろう。このスローガンのように、私たちと一緒に東邦大学で学び続けませんか?

投稿日:2014年08月04日| 投稿者: 事務局| カテゴリ: 大学の近況


前の記事次の記事

PageTopへ